Category: 寄稿

「朝鮮学校のある風景」書籍上に寄せられた投稿をあつめました。

201609_image_406 0

次男が結婚、党大会後に訪れた「結婚ラッシュ」

息子と長女夫婦と孫の六人で暮らしていたが、昨年末、アパートの建て替えのため長男の嫁の家に引っ越した。今回の手紙には次男の結婚と共和国での結婚事情などが詳しく記されている。原文は大方日本語で、一部単語は朝鮮語。書き手のニュアンスをそのまま伝えるため、誤字、脱字だけを直した。文中[ ]内と注釈は、整理者が付けくわえた。

image12 0

ソルマジ公演…その後

萩響が祖国で行われるソルマジ公演を知ったのは、彼女が初級部一年生の時だった。朝の全校生の朝礼で、六年生のオンニがソルマジ公演に参加するためウリナラを訪問することになったと紹介があったのだ。好奇心旺盛な彼女は、帰宅後私の顔を見るなり聞いてきた。