朝鮮学校のある風景 Blog

朝鮮学校のある風景 0

会って、話して、理解しあえる社会を目指して

藤井幸之助・同志社大学嘱託講師・猪飼野セッパラム文庫主宰インタビュー。ここに、こうのすけさんが編集された『同志社女子大学2016年度春学期「社会と外国語教育A」報告書』があります。学生たちが朝鮮学校やインターナショナルスクールや日本語学校を訪ねてレポートを書いていますが、これは毎年なさっているんですか?

3・29文科省通知に対する日本弁護士会、 神奈川県・千葉県・和歌山県弁護士会の会長声明 0

3・29文科省通知に対する日本弁護士会、 神奈川県・千葉県・和歌山県弁護士会の会長声明

文科省による今回の措置は、朝鮮学校への補助金支給に対する自治体への圧力となることが明白なものであることから、その影響は深刻なものであり、わたしたちは、あらためて文科省による3・29通知およびそれへの対応状況の確認調査の措置に対し強く抗議するとともに、即時撤回を求めるものである。

朝鮮学校のある風景 0

朝鮮学校における教育の情報化 ⑤

今回は、YouTubeに「みする部TV」 を開設して様々な情報を発信している東京朝鮮中高級学校美術部の顧問・崔誠圭先生に話を聞いた。同部は毎年、 斬新な映像作品を在日本朝鮮学生美術展に出品するなど、 デジタル器機を利用した作品制作にも積極的に取り組んでいる。

スッチャのこれ見〜っけ 0

「学美」教員たちのどん欲な 学びに感服

八月、ICT講習の十日後、再び朝鮮大学校を訪れた。在日本朝鮮学生美術展覧会(学美)の審査が行われると言う。ここ数年、学美の展覧会は文化の秋を告げる風物詩になっている。会場を巡っていると一つ一つの作品から、子どもたちの学びや驚き、笑いや悔しさ、あこがれや疑問が伝わってきて、心の中で話しかけている自分を発見する。