朝鮮学校のある風景 ニュース

女男を脱ぎ捨てて

一人では解決できない

幼少の頃から、「自分はこの世界と『何か』が違う」と感じて生きてきた。おそらく、多くの在日朝鮮人は、同胞社会との距離とは関係なく、一度以上はこの感覚を味わってきたことだろう。